独学でFP3級の取得は難しい⁉️他試験との比較から難易度を確認

  • FP3級を初心者が独学で取得できるの?
  • 独学取得の難易度ってどれぐらい?

 

「FP3級を独学で取得するのは難しい?」「初学者でも独学は可能?」など、FP3級の難易度がわからないため、独学での取得の難しさがわからない人が多いと思います。

 

資格によって取得の難易度は違い、難しい試験では独学がほぼ不可能となる事象があることも事実です。

 

そこでFP3級を独学で取得することの難しさや他試験との比較、より楽に受かるための秘訣を紹介していきます。

 

 

このページを読むことで、独学でFP3級を取得する難しさがわかるため、どのように勉強していくのか決めることができます。

独学でFP3級の取得は難しいのか

独学でFP3級の取得は難しいのか

よく「FP3級は難しい」という話を聞くことがあります。

確かに資格試験の勉強をはじめて行う人にとっては難しいかもしれません。

 

しかし、実際に取得していた人たちの話を聞くと、「思ったよりも簡単」という評価をされます。

その評価を下した人の中には、独学でFP3級を取得した人も多数存在しています。

 

ではなぜ一般的に資格取得が困難な独学者までも簡単と言うのか。

それには以下の3つ点が挙げられます。

  • 合格率が高い
  • 解答が記述ではない
  • 難しい理論が少ない

各ポイントについて、独学者が簡単と感じる理由を説明していきます。

 

合格率が高い

まず最初の理由ですが、FP3級試験の合格率が高いことが挙げられます。

 

FP試験には「FP協会」と「きんざい」の2種類の試験機関があります。

その2つの合格率を見てみましょう。

FP協会学科試験合格率実技試験合格率
2022年5月83.37%90.33%
2022年1月87.01%90.75%
2021年9月84.69%80.50%
2021年5月83.25%76.65%
2021年1月87.92%86.53%

 

きんざい学科試験合格率実技試験合格率
2022年5月49.03%52.22%
2022年1月63.53%45.98%
2021年9月53.31%46.29%
2021年5月47.81%53.16%
2021年1月63.75%57.29%

このようになっています。

FP協会では平均85%以上、きんざいの方が合格率は少し低いですが、それでも55%程度の人は受かっています。

 

なおFP協会ときんざいの差は、企業が集団受験していることでの差なのでそこまで気にしないでください。

どちらにしても受かる確率がここまで高い試験は他に存在しません。

 

受験者が多い宅建試験と簿記3級試験の合格率と比べてみましょう。

宅建合格率
2021年12月15.6%
2021年10月17.9%
2020年12月13.1%
2020年10月17.6%
2019年10月17.0%

 

簿記3級合格率
2022年6月45.8%
2022年2月50.9%
2021年11月27.1%
2021年6月28.9%
2020年11月67.2%

このようになっています。

 

宅建試験の平均は16%程度、簡単と言われる簿記3級でさえ平均40%程度です。

2つの試験と比べてもFP3級の合格率が高いことがわかると思います。

 

合格率が高いということは試験に受かりやすいということです。

これが独学者でも取得が難しくない理由の1つ目になります。

解答が記述ではない

独学でも受かる2番目の理由は、解答が記述式でないことです。

 

FP試験ではマーク式が採用されており、マークシートを使用します。

これの何が良いかというと、知識がなくても正解になる可能性があるということになります。

 

記述式は答えまでの過程や言葉を完璧に理解しておかなければなりません。

それは部分点や解答に必要部分の不足による減点などが記述式では存在しているからです。

つまり記述式は1から100まですべて覚えてないと、得点を取ることができないんです。

 

しかし、マーク式では上記のような回答は必要ありません。

マークシートの正解の解答が塗りつぶせば、それで丸が貰え得点になります。

 

たとえ明確に答えを絞ることが出来なくても、確率で当てればそれは得点となります。

それはFPの知識が0の人が勘で答えても、受かる確率は0ではないということでもあるんです。

 

運で受かってしまう可能性があることも、独学で受かりやすい理由の1つになります。

難しい理論が少ない

最後の理由が難しい理論が少ないということになります。

 

FP3級はFP試験の中で最初に受けなければならない試験です。

その初歩の試験で難しい理論や考え方を出題されることはまずありません。

それは深いことではなく基本的な知識が求められるからです。

 

仮にFP3級が難関であれば、FP3級を持っているだけで十分になります。

より上位の資格を取る必要がなくなってしまうんです。

それだとFP3級以上の資格が存在している意味がありません。

 

だから力を図る試験に本気で悩むような難しい論点は出題されないんです。

以上のことよりFP3級は独学でも取得が難しくないということになります。

独学者必見!FP3級の難易度を比較

独学者必見!FP3級の難易度を比較

FP3級の難易度はどの程度なのか、一般的に知られている国家資格と比較してみましょう。

 

難易度の比較は学習内容の量、学習時間、合格者の数など様々なものを加味しました。

「絶対に正しい!」というものではないですが、概ねこの表に当てはまることで了承してください。

 

では実際の表をみてみましょう。

ランク資格難易度(5段階評価)
Sランク(難関)不動産鑑定士★★★★★
中小企業診断士★★★★
管理栄養士★★★★
Aランク(普通)通関士★★★★
宅地建物取引士★★★
FP技能士1級★★★
Bランク(易しい)日商簿記3級★★
FP技能士2級★★
危険物取扱者 乙種★★
Cランク(超易しい)FP技能士3級
とび技能士3級
家畜人工授精師

以上のようになっています。

 

ランク分けした時にFP3級は最も簡単なランクに位置付けられます。

他のどの有名資格試験と比べても、取得が容易ということがわかるでしょう。

 

なお偏差値換算をすると、偏差値50には届かない程度のレベルです。

資格試験がはじめての人でも十分取得可能な易しい資格がFP3級となっています。

ターナー
超易しいものがFP3級試験!

初心者が独学で試験を受ける場合

初心者が独学で試験を受ける場合

FP3級が独学で可能と言っても、資格を簡単に取得できるわけではありません。

しっかりと時間を取って、根気強く学習する必要があります。

そしてそこで最も重要になるものが選択する教材です。

 

独学者にとって教材は、FPの知識を1番教えてくれる言わば先生になります。

その先生がテキトーな教え方であった場合、あなたの成績はどうなってしまうでしょうか。

答えは簡単です。

試験に受かる実力を身に着けることができません。

そうでなくても資格取得までに莫大な時間がかかってしまうことでしょう。

 

また合わない教材を使用することで、モチベーションの低下を引き起こすかもしれません。

モチベーションは学習をするうえで、かなり重要な立ち位置を示します。

やる気の如何で集中力や継続力が大きく変わってきてしまいますから。

 

以上のことより、学習の質という意味でも継続という意味でも教材は重要なんです。

だからこそテキストと問題集の教材は良いものを選びましょう。

 

なお、≪FP3級に受かるためにはこのテキスト‼おすすめ10冊を紹介する≫の記事では教材を。

初心者でも安心!おすすめのFP3級問題集ランキングTOP10≫の記事では問題集について紹介しています。

 

どちらも合格者が使ったものしか扱っていないので、あなたの教材を選びの参考になると思います。

それでも難しい場合

上で紹介した良い教材を選ぶことは独学をする際に1番重要な点です。

ただ、資格試験を独学で行う人にはまず身に着けることがあります。

それは学習方法や集中力、学習を継続する方法などです。

 

しかしそれを資格取得をはじめて目標にする人が身に着けることは難しいことも事実。

徐々に慣れていけばよいですが、すべてを0から行うことはかなり困難な作業です。

なのでまずは資格対策講座などで基本的なことを学ぶことが良いと思います。

 

資格対策講座では学習方法はもちろん、学習継続のための様々なサポートがあります。

そうして学習を続けることができれば、自然と集中力も身についてその後の学習も捗ること間違いなし。

 

価格も安いFP3級で土台を作れば、FP2級やFP1級、その他の試験を独学で受かることも容易になるでしょう。

だからこそ初学者は資格対策講座を使ってほしいんですね。

 

なお、資格対策講座は通信講座をオススメします。

時間と場所に囚われないので、通勤・通学でサクッと勉強することが可能です。

また価格も通学コースと比べるとお手頃価格になっています。

 

価格・講義の質・評判が良い講座については≪FP3級通信講座はコレでOK!失敗なしおすすめランキングベスト3≫でまとめています。

興味の出た方は一度ご覧ください。

FP3級を独学で取得する際の難易度まとめ

  • FP3級の取得は独学でも難しくない
  • FP3級は他の試験とも比較しても簡単
  • 教材の厳選と資格講座も考慮する

FP3級は難易度的には簡単な試験です。

なので気負うことなく学習を続け、自信を持って本試験に挑みましょう。

独学で取得するためには努力が必要ですが、しっかり学習すればちゃんと得点を獲得できると思います。

 

人気記事 FP3級通信講座はコレでOK!失敗なしおすすめランキングベスト3

人気記事 FP3級に受かるためにはこのテキスト‼おすすめ10冊を紹介する

人気記事 初心者でも安心!おすすめのFP3級問題集ランキングTOP10

 

ECC(1万円割引中!)【FP2級】1位:ECC

英会話スクールの大手であるECC が行うFP講座は、平均の2倍の合格率を誇ります。

教材やサービスは充実していて、評判のいい最も優れたFP講座です。

  • 平均の2倍の合格率
  • 受講者の約7割が1度の受験で合格
  • 専任のサポートスタッフから定期的な学習フォローがある
  • FP2級通信講座の中で最安値クラス
  • 62時間にもわたる講義動画で満遍なく理解できる

 

\合格に一番近い通信講座/

ECCビジネススクール

>> ECCを見てみる

※お値打ち価格です。

>>ECC公式HPはこちら