公務員試験マクロ経済学はこの10冊の参考書で簡単攻略できる

  • 本当に良いマクロ経済学の参考書は何なの?
  • 公務員試験用の参考書はどんなものなの?

「マクロ経済学の参考書で自分に合ったものを探したい!」「たくさんの人の意見を参考にして本を選びたい…」と参考書選びで苦戦している人も多いと思います。

マクロ経済学はどちらかといえば理系風味の教科であるため、文系の人が苦手としている事実があります。しかし、良い参考書を使い計画を立てて学習していけば、文系でも簡単に高得点が可能な教科です。

実際に私は良い参考書を選び使っていたため、国家総合職でも8割の得点取っています。

 

そこで本記事は、難しいマクロの参考書選びを成功させて、試験に合格するために様々な角度から評価・レビューをしながら紹介しています。

こんな人にオススメ!

  • マクロ経済学の参考書選びに迷っている人
  • 自分の買った参考書が良いものか知りたい人

 

記事を読めば、様々な試験で合格者を輩出した参考書を知ることができるため、本試験で失敗しない参考書選びが可能です。

マクロ経済学という教科について

マクロ経済学という教科について

マクロ経済学とは、家計・企業・政府というような小さな単位ではなく、一国の経済活動を大きな集計量として考える学問になります。

例として、インフレとデフレによって一国単位での市場の変化などですね。

 

そのマクロの試験範囲は以下の6つになります。

【消費者理論】

【完全競争市場の生産者理論】

【市場理論】

【不完全市場の生産者理論】

【市場の失敗】

【国際ミクロ経済】

この6つの範囲は、国家総合職や国家一般職から特別区まで幅広い試験で必要になります。

手を抜くことなく、しっかり勉強していきましょう。

公務員試験のマクロの参考書を10選

公務員試験のマクロの参考書を10選

マクロ経済学の参考書は多すぎて逆に迷ってしまいますよね。

でも多すぎるからといって適当に選ぶのはNG!

学習時間や合格率に大きな影響を及ぼします。

 

そこで参考書選びに失敗しないように私や後輩が使った参考書を紹介していきます。

  • 島本昌和のマクロ経済学ザ・ベスト プラス
  • 試験対応 新・らくらくマクロ経済学入門
  • 試験攻略入門塾 速習! マクロ経済学 2nd edition
  • 伊藤塾の公務員試験「経済学」の点数が面白いほどとれる本
  • 試験攻略新経済学入門塾1 マクロ編
  • 公務員試験 本気で合格!過去問解きまくり!マクロ経済学
  • 公務員試験 過去問 新クイックマスター マクロ経済学
  • 出たDATA問 経済学
  • 公務員試験新スーパー過去問マクロ経済学
  • 公務員試験 スピード解説 マクロ経済学

前半5冊をテキスト後半5冊は問題集となっています。

 

参考書ごとの特徴やレビュー、良し悪しを丁寧に解説していきます。

ターナー
正直に話しているので要チェックです!

島本昌和のマクロ経済学ザ・ベスト プラス


内容の詳しさ 4.6
わかりやすさ 4.9
コスパ 4.8
総評 4.8

特徴
  • YouTubeで講義動画が視聴可能
  • 多くのグラフを用いた説明がされている
  • グラフが多く理解しやすくなっている

良い点

  • 初学者向けのかみ砕かれた説明
  • コンパクトで持ち運びしやすい

残念な点

  • コンパクトさ重視で少し詰め込みすぎ

こんな人におすすめ

  • マクロ経済学をはじめて学習する人
  • マクロ経済学が苦手という人
  • 講座形式で勉強したい人

口コミ

この本を読んで実力を伸びたおかげで本試験では満点を取りました。

市役所:女性

 

公務員予備校や大学でマクロ経済学を20年以上教えた講師が書いているからわかりやすいね。

県庁:男性


筆者の評価

持ち運びしやすいので形態と合わせてどこでも学習できます。

私の後輩は図書館にこの本とスマホを持ちこんで、勉強して県庁に合格しています。


 今すぐ内容をチェック

試験対応 新・らくらくマクロ経済学入門


内容の詳しさ 4.8
わかりやすさ 4.5
コスパ 4.7
総評 4.7

特徴
  • 2021年に第2版が出版された
  • YouTube上に講義動画がある

良い点

  • 国際マクロ経済学までカバーされている
  • グラフが多く使われておりわかりやすい

残念な点

  • A5サイズではないので使いづらい

こんな人におすすめ

  • マクロ経済学をはじめて学習する人
  • マクロ経済学が苦手という人
  • 講座形式で勉強したい人

口コミ

幅広いテーマを詳しく説明しているのでこれ一冊で対策可能。(前作)

国家一般職:男性

 

講義動画でマクロの本質がわかって苦手が解消された!(前作)

市役所:男性


筆者の評価

最新版を買って読んでみましたが、前作よりも使いやすくなっていました。グラフが多くマクロの重要な点がしっかり説明されていていいテキストです。


 今すぐ内容をチェック

試験攻略入門塾 速習! マクロ経済学 2nd edition


内容の詳しさ 4.6
わかりやすさ 4.6
コスパ 4.8
総評 4.7

特徴
  • YouTubeと組み合わせて学習できる
  • 初学者向きのテキスト本

良い点

  • YouTube上の動画で重要部分をさらに詳しく解説してくれる
  • 350ページという大容量
  • グラフが多用されている

残念な点

  • 多少詰め込みすぎている

こんな人におすすめ

  • マクロ経済学をはじめて学ぶ人
  • マクロ経済学が苦手な人
  • 独学者の人

口コミ

YouTubeも5色マーカーで説明してくれるので重要なところがわかりやすい。

国家総合職:男性

 

350ページ+YouTubeの講義で完璧に理解できた!

市役所:男性


筆者の評価

難しい数式を使わないことをモットーに説明自体はかなりわかりやすくなっている。初学者にピッタリという感じのテキスト。


 今すぐ内容をチェック

伊藤塾の公務員試験「経済学」の点数が面白いほどとれる本


内容の詳しさ 4.2
わかりやすさ 3.8
コスパ 4.7
総評 4.2

特徴
  • ミクロ+マクロを学べる参考書
  • 会話形式で進められているところもあり楽しく学べる

良い点

  • 参考書を2冊買わなくて済む
  • ポイントが絞られていて簡潔な説明

残念な点

  • 初学者には厳しい参考書
  • 他の参考書と比べると内容不足

こんな人におすすめ

  • ある程度学習が進んだ人
  • 理論を重点的に学びたい人

口コミ

ある程度経済原論の知識がついていたからこれ一冊で対応できた。

市役所:男性

 

最初にコレを見た時は全然わからなかった。

国税専門官:女性


筆者の評価

初学者向けというよりはある程度学習が進んで、見直したい、基礎を確認したいという人向けのものです。

文字多めなので初学者には厳しめ。


 今すぐ内容をチェック

試験攻略新経済学入門塾マクロ編


内容の詳しさ 4.3
わかりやすさ 3.7
コスパ 4.0
総評 4.0

特徴
  • 説明が口語体で書かれている
  • 20年近くの間読まれている参考書

良い点

  • 知識の拡充のために数式を用いた説明がされている
  • グラフの読み方から解説してくれる

残念な点

  • 国際マクロの説明がない
  • 初学者向けではない
  • 誤植が多い

こんな人におすすめ

  • ある程度学習が進んだ人
  • もう一度マクロの知識を確認したい人

口コミ

はじめてみた時は意味不明だったけどある程度学ぶとわかるようになる。

国税専門官:男性


筆者の評価

古くから愛読されている参考書であり、他参考書と比べ数式での解説が多めになっています。正直な話、初学者向けではないのである程度知識を得てそれでもほしければ買うべきかと思います。


 今すぐ内容をチェック

公務員試験 本気で合格!過去問解きまくり!マクロ経済学


内容の詳しさ 4.7
わかりやすさ 4.7
コスパ 4.8
総評 4.7

特徴
  • 1年ごとに改定されるので最新の傾向対策が可能
  • テーマごとに試験別頻出度が書いてある

良い点

  • 問題数は他参考書と比べて多い
  • 参考書の中でもかなり説明がしっかりされている
  • 初学者向けのかみ砕いた説明
  • 試験再現問題が載っている

残念な点

  • テキストもあるが物足りない

こんな人におすすめ

  • 初めて問題対策をする人
  • マクロ経済学が苦手である人
  • 簡単なものから難しいものまで解きたい人

口コミ

マクロはこれ1冊で完璧!

国家総合職:男性

 

グラフを用いた説明も多くわかりやすかったです。

県庁:女性


筆者の評価

正直な話、マクロの対策をするならこれ1冊で問題集は完璧です。また再現問題が載っている問題集は少ないので本当におすすめの1冊ですよ。


 今すぐ内容をチェック

公務員試験 過去問 新クイックマスター マクロ経済学


内容の詳しさ 4.8
わかりやすさ 4.4
コスパ 4.6
総評 4.6

特徴
  • 出題傾向がわかるので受ける試験に合わせた対策が可能
  • テキストと問題集が一体になっている

良い点

  • 多くの過去問を収録している
  • 選択肢ごとに丁寧な解説がある

残念な点

  • テキストとしては不十分

こんな人におすすめ

  • 幅広い試験の対策をしたい人
  • はじめてマクロ経済学を学ぶ人
  • お金をかけたくない人

口コミ

テキスト部分は簡潔。問題集としては十分な問題量。

国税専門官:男性

 

時間がなくてもこれだけはやっておけという指針があり対策しやすかった。

市役所:女性


筆者の評価

スーパー過去問と双璧をなす公務員受験生の定番参考書です。問題の量も申し分ないため、理解できてしまえばこれ一冊でも試験に対応可能です。


 今すぐ内容をチェック

出たDATA問 経済学


内容の詳しさ 4.2
わかりやすさ 4.4
コスパ 4.8
総評 4.5

特徴
  • マクロとミクロが同時に収録されている
  • 毎年更新されている問題集

良い点

  • 直近の傾向対策ができる
  • 試験ごとの細かいデータが載っている

残念な点

  • 解説があっさりしている

こんな人におすすめ

  • お金をかけたくない人
  • 計算やグラフの読み取りが苦手でない人

口コミ

1冊で済んでお金の節約ができてよかった。

市役所:男性

 

難易度の高い試験を受けるならマクロだけミクロだけの参考書を買ったほうがいい。

国家総合職:男性


筆者の評価

内容としては国家公務員・地方上級向けの内容であり、1冊でも十分に試験に対処可能です。しかし解説が簡素な傾向があるので、苦手な人は避けるべき参考書。


 今すぐ内容をチェック

公務員試験新スーパー過去問マクロ経済学


内容の詳しさ 4.5
わかりやすさ 3.8
コスパ :4.1
総評 :4.2

特徴
  • 問題集とテキストが一緒になっている
  • 試験ごとに問題のレベル分けがされており対策がしやすい
  • 公務員受験生は必ず1冊は持っている

良い点

  • 選択肢ごとに省略されていない詳しい解説
  • テキストで基本事項を確認しながら解ける
  • 国家職向けの素直な問題が多い

残念な点

  • テキスト部分は簡潔になっている

こんな人におすすめ

  • 過去問を重点的に解きたい人
  • ある程度学習が進んだ人

口コミ

地方公務員志望だと変則的な問題に対応できないことアリ。

東京都特別区:男性

 

受験生でこれを持っていない人はにわか。

国家一般職:男性


筆者の評価

シリーズ累計400万部を突破した伝説の参考書であり、テキストと問題集の併用の参考書にありがちな説明が不十分がなく丁寧な解説が魅力になります。


 今すぐ内容をチェック

公務員試験 スピード解説 マクロ経済学


内容の詳しさ 3.5
わかりやすさ 4.2
コスパ 4.2
総評 4.0

特徴
  • かなりライトな問題集
  • 短時間で問題を解き答え合わせをすることに特化

良い点

  • 余分な説明がないためスムーズに学習できる
  • 全試験の問題が網羅されている

残念な点

  • 問題数が少ない
  • 当たり前のことに対する説明が少ない

こんな人におすすめ

  • 時間がない人
  • ある程度学習が進んだ人

口コミ

試験前の1週間はこの本だけでマクロは復習していました。

ですが、自分としてはもう少し解説を充実させてほしいと思いました。

国家総合職:女性


筆者の評価

全試験の問題を網羅しているため、どの試験でも対応できるオールマイティな参考書になります。説明が簡素であるため、試験前など知識が身についている人にオススメです。


 今すぐ内容をチェック

マクロ経済学で高得点を狙う参考書&使用法

マクロ経済学で高得点を狙う参考書&使用法

私が公務員試験を突破するために使った参考書は以下のものになります。

しかしこれらをがむしゃらに使っていたわけではありません。

しっかりと計画性を持って、学習していました。

その学習法は次の5ステップで行っていました。

  1. 微分と関数を確認
  2. 記号の意味を覚える
  3. グラフの読み方と数式のインプット
  4. 学者の考え方を勉強
  5. 過去問を解いて傾向を覚えよう

これを繰り返して行っていました。

具体的に何をするかですが、それは≪公務員試験マクロ経済学は5ステップで高得点‼時間節約の勉強方法≫により丁寧に解説しておきました。

実際に私がマクロ経済学を理解できた方法になっています。

恥ずかしながら大学の講義を聞いても理解できませんでしたが、この5ステップで学習したことでスルスルと知識が入ってきました。

ターナー
苦手な人や初学者の人も一度騙されたと思ってみてください。

マクロ経済学の参考書まとめ

  • マクロ経済学は国単位で動く大きいもの
  • 参考書10冊の評価・レビュー
  • 5ステップでマクロは攻略できる

今回はマクロ経済学の参考書について解説しました。

序盤で少し説明したマクロの科目の概要や出題範囲の詳しく説明、試験ごとの出題数や学習のコツは≪公務員試験マクロ経済学の出題範囲・高得点のコツ・学者本を紹介!≫の記事でまとめて説明しています。

 

人気記事 公務員試験が不安なきみへ!落ちた時の保険になる民間就活サイト5選

人気記事 【公務員試験を受ける人必見】公務員試験の勉強前にすべき4つのこと

人気記事 公務員試験対策講座ランキング‼人気予備校のおすすめ通信講座

たった一冊で公務員になれる確率が上がる無料本をご紹介

※無料で入手可能な最強本

公務員の試験や内容を知っていても、公務員に合格するためのシステムをしっかりと知っていますか?

私も大学生の時に講座内容や先生から聞いた情報だけで、「公務員のシステム」を理解している気になっていました。

私がわかった気になっていたのは、皆さんも知っている公務員の試験や内容だけです。

「公務員のシステム」をしっかり理解していないと、合格する確率は低くなってしまいます。

 

そんな「公務員のシステム」を理解するのにオススメなのが、【公務員転職ハンドブック】です。

この本は、転職者への説明がメインとなっていますが、講座や先生からの情報と合わせることで、誰でも「公務員のシステム」を理解することができるようになります。

 

転職ハンドブックって何?」と思う方もいると思いますので、少し説明します。

この本は、公務員試験で高い合格率を出しているクレアールが出版している本です。

 

主な内容は以下のものとなっています。

  • 勉強しにくい教養試験・論文試験の例題と回答がついています。
  • 詳しい公務員のシステムや知識を学ぶことができ、面接試験対策を行うことができます。(面接試験の例題と回答のポイントもあり)
  • 合格者がどのようにして合格したのか自身の合格体験記(合格のノウハウが詰まっている)を掲載しています。

など。

これ以外にも合格に役立つ情報がのっています。

無料で入手可能なのにこの本を読まないのは確実に損です。

私の大学では、国家総合に合格した人たちの中で詳しさから話題に上りました。

 

数量限定となっていますので、無料でほしい人はすぐに行動しましょう。

>>転職ハンドブックを見てみる【無料】

『無料申し込みはこちら』から申し込めます。

>>クレアール公式HPはこちら

 

最新情報をチェックしよう!