宅建試験で法令上の制限攻略は合格するために必要!その勉強方法は?

  • 2020年6月29日
  • 2020年12月5日
  • 宅建

・宅建試験の法令上の制限って?

・難易度や重要性は?

・勉強法やコツはあるの?

こうした疑問に答えていきます。

実際に宅建試験を勉強してる際に気づいた点を紹介しています。

本記事の内容

・法令上の制限とは【概要と内容】

・【法令上の制限】難易度

・法令上の制限の重要度

・【法令上の制限】勉強のコツ

・【法令上の制限】の勉強方法

となっています。

記事を読み終えると、法令上の制限の内容から合格できる勉強法まで知ることができます。

法令上の制限とは【概要と内容】

法令上の制限とは【概要と内容】

宅建試験50問のうち、法令上の制限は8問出題されます。

法令上の制限は、主に6つの法律から出題されます。

その細かい内訳は以下の通りです。

  • 都市計画法(2問)
  • 建築基準法(2問)
  • 国土利用計画法(1問)
  • 農地法(1問)
  • 土地区画整理法(1問)
  • 宅地造成等規制法(1問)

細かくどういった法律なのか説明していきます。

都市計画法

都市計画法は例年2問ほど出題されます。

都市計画法は計画や制限・手続きを決め、その都市を発展させていくことを目的にした法律です。

都市計画は法令上の制限の基礎であるため、よく勉強しておくといいですよ。

年数などの数字問題が問われやすいので、自分なりに暗記しやすい工夫をするといいと思います。

そうすれば、得点は取れます。

建築基準法

建築基準法も例年2題ほど出題されます。

建築基準法は、国民の権利を守るため。建物の敷地や構造などに基準を設けた法律です。

主に容積率や建ぺい率を定めているので、不動産会社で働きたい人は事前にしっかり勉強しておくといいですよ。

勉強していくと、都市計画法とゴチャゴチャになりやすいので、しっかり判別できるように勉強してください。

そして、事例問題が出されやすいです。

国土利用計画法

国土利用計画法は、例年1問の出題です。

ある一定の面積以上の場合に届け出の必要性を求める法律です。

まあちょっとならいいけど、勝手に国土を利用すんなよってことですね。

よく他の法律と合わせて出されるため、整理しながら勉強してください。

フータ
法令上の制限の勉強は何がなんだかわからない時が来ますよ。

 

農地法

農地法も例年1題出題されます。

農地の転用に規制を設け、農地や農業の保護を目的にした法律です。

主に農地を転用したらどのような許可やだれの許可がいるのといった問題が出題されます。

最初は、点が取りにくいですが、慣れてしまえば大丈夫です。

土地区画整理法

例年1題出題されます。

土地・建物の有効利用の実現するため土地の区画を定めた法律です。

主に土地の区画がなされる過程が出題されます。

内容は暗記科目なので、確認を怠らなければ得点は取れます。

宅地造成等規制法

例年1問出題されます。

がけ崩れなどをおこさせないために宅地造成(傾斜のある土地を平らにするなど土地の形状などを変更すること)を行う法律です。

基本的には暗記科目でポイントさえ、押さえてしまえば大丈夫です

レベッカ
法令上の制限は出る範囲は一定ですよ。

【法令上の制限】難易度

【法令上の制限】難易度

法令上の制限は、個人的には二番目に得点を取るのが難しいと思います。

その理由は、やっぱり馴染みのない言葉が多いからです。

普通に生活していれば、これらの法律はそうそう聞きませんよね。

馴染みがないって、それだけで難しく感じてしまいます。

しかし、全体的に暗記科目なので気負わずに勉強すれば大丈夫です。

宅建試験科目それぞれの難易度が知りたければ下の記事をご覧ください。

関連記事 宅建の試験科目ごとの難易度・勉強時間・目標点数は?捨て問はある⁉

法令上の制限の重要度

法令上の制限の重要度

宅建試験難易度NO.2の法令上の制限は、重要度がとても高いといってもいいでしょう。

どうしてかというと、2つの理由があります。

その理由は「宅建業法で失敗したよう」「周りが意外と得点を取れないから」の2つです。

説明していきます。

宅建業法で得点が取れなかった時の保険

宅建試験は、宅建業法で高得点を取る必要があります。

しかし、仮に高得点が取れなかった場合、他の科目でそれなりの点数を取らなければなりません。

その時に頑張っておくといいのが、法令上の制限になります。

どうしてかというと、法令上の制限は周りが意外と得点を取ることができないからです。

得点が取れない科目で言ったら権利関係が一番ですが、権利関係は自分も得点を取れない可能性が大いにあります。

けれど法令上の制限は、確かに得点は取りにくいですが暗記科目であることに変わりはないため、頑張れば高得点も狙えます

だからこそ、宅建業法で失敗した場合のために勉強しておくといいです。

ナナ
ポイントを押さえた勉強をすれば大丈夫。

【法令上の制限】勉強のコツ

【法令上の制限】勉強のコツ

法令上の制限は意外と難しいと思われていますが、勉強時にコツさえ押さえれば大丈夫です。

そのコツは4つあります。

  • 言葉になれる
  • 差別化できるようになる
  • 法改正をチェックする
  • 過去問を研究

詳しく説明していきます。

言葉になれる

法令上の制限は、私たちに馴染みのない言葉や単語がとても多い科目となっています。

また登場する法律も多いため、それがさらに拍車をかけています。

人間知らない言葉が登場すると、どうしても難しいと感じてしまいますよね

そう感じてしまうと暗記するものもできなくなってしまいます。

なので、最初は言葉になれるため、テキストや過去問を読んで言葉になれるといいです

慣れたら、自分なりに覚えやすいように内容や規制をまといめていけば、馴染みがない言葉はなくなっていきます。

レベッカ
言葉になれるって資格試験では重要!

差別化して暗記する

法令上の制限は、冒頭でも説明した通り複数の法律があります。

実際に勉強していくと私もそうだったのですが、規制や数字などがこんがらがってしまうんですよね

一度こんがらがってしまうと、脳がパニックになってしまうので、日ごろからメリヘリをつけて勉強してください。

問題集や過去問しかしていないと、だんだん何が何だか分からなくなります。

過去問の研究をする

法令上の制限で過去問の研究をすることは、オススメです。

出やすいポイントを知ることができるからです。

法令上の制限は毎年出題の工夫を感じます

工夫された部分は点が取りにくいので、定番の出やすいポイントは絶対に落としてはいけません

そのため、過去問で出されたポイントは必ず得点ができるようにしてください。

フータ
出やすい規制や数字は必ず覚えよう。

関連記事過去問だけで宅建に合格するは神話です!宅建試験の過去問活用方法

法改正を確認する

法令上の制限も法改正の部分が狙われやすいです。

理由は独学者に高得点を取らせないためだと思います。

ですが最近はテキストやインターネット、ブログなどで法改正の範囲は知りことができるので、誰でも対策が可能です。

最近の独学者は法改正を知っているので、あなたも知っておくようにしましょう。

実際に私が受けた年は、法改正も部分は狙われました。

【法令上の制限】の勉強方法

【法令上の制限】の勉強方法

実際に私が勉強していた方法を紹介します。

私が使っていた方法なので試してください。

ステップ順に紹介します。

関連記事【リアルな宅建独学勉強法】宅建独学は勉強をする前に考えることが大事

問題集・過去問を読む

まずはコツでも言った通り、言葉になれるために問題集・過去問をとにかく読みました。

読んでいくと、言葉に馴染みが出てきて暗記がしやすくなります。

初期にしておくと効率も上がるので、することをオススメします。

テキストを読む

問題集・過去問を読み終わったら、とにかくテキストを読みました。

暗記科目である以上、図やゴロ合わせが載っているテキストの内容は先にしておくといいですよ

実際に私が使ったテキストは下の記事で紹介しています。

関連記事宅建独学テキストおすすめランキング‼実際に見たことあるものしか勧めません

とにかく問題をやる

暗記が終わったら、とにかく問題を解きました。

そして、暗記できてない範囲だけテキストで再確認しています。

問題はテキストを一回読んだらすぐに始めるといいですよ。

そうした方が効率が上がります。

法令上の制限のまとめ

  • 法令上の制限からは8題出題される
  • 難易度は宅建試験の中で2番目
  • 重要度は保険であるため高い
  • 勉強のコツは4つ
  • 勉強方法は最初に言葉になれる

法令上の制限はポイントを認識していないと、得点が取りにくいです。

なのでポイントを押さえる勉強を心がけてください。

難しいと感じても、暗記科目であることに変わりはないので、勉強さえすれば大丈夫です。

 

人気記事 【独学受験も必見】資格試験の勉強を始める前にすべき4つの準備

人気記事 宅建試験おすすめ通信講座はコレ‼ベスト3をランキングで【最新版】

たった一冊で公務員になれる確率が上がる無料本をご紹介

※無料で入手可能な最強本

公務員の試験や内容を知っていても、公務員に合格するためのシステムをしっかりと知っていますか?

私も大学生の時に講座内容や先生から聞いた情報だけで、「公務員のシステム」を理解している気になっていました。

私がわかった気になっていたのは、皆さんも知っている公務員の試験や内容だけです。

「公務員のシステム」をしっかり理解していないと、合格する確率は低くなってしまいます。

 

そんな「公務員のシステム」を理解するのにオススメなのが、【公務員転職ハンドブック】です。

この本は、転職者への説明がメインとなっていますが、講座や先生からの情報と合わせることで、誰でも「公務員のシステム」を理解することができるようになります。

 

転職ハンドブックって何?」と思う方もいると思いますので、少し説明します。

この本は、公務員試験で高い合格率を出しているクレアールが出版している本です。

 

主な内容は以下のものとなっています。

  • 勉強しにくい教養試験・論文試験の例題と回答がついています。
  • 詳しい公務員のシステムや知識を学ぶことができ、面接試験対策を行うことができます。(面接試験の例題と回答のポイントもあり)
  • 合格者がどのようにして合格したのか自身の合格体験記(合格のノウハウが詰まっている)を掲載しています。

など。

これ以外にも合格に役立つ情報がのっています。

無料で入手可能なのにこの本を読まないのは確実に損です。

私の大学では、国家総合に合格した人たちの中で詳しさから話題に上りました。

 

数量限定となっていますので、無料でほしい人はすぐに行動しましょう。

>>転職ハンドブックを見てみる【無料】

『無料申し込みはこちら』から申し込めます。

>>クレアール公式HPはこちら

 

最新情報をチェックしよう!